ホーム  >  第一種低層住居専用地域 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  第一種低層住居専用地域

読み方:だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき

解説

都市計画法に基づく 用途地域のひとつ。低層住宅にかかる良好な住居の環境を保護するため定める地域である(都市計画法9条1号)。

この地域では、 建ぺい率の限度は30%から60%の範囲内で 都市計画で指定され、 容積率の限度は50%から200%の範囲内で都市計画で指定される。

また、この地域では、住宅・共同住宅、老人ホーム・保育所など、居住施設及びそれに関連する施設以外の 建築は著しく制限されており、さらに 建物の高さを10mまたは12m以下に抑える 絶対高さ制限もある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ