ホーム  >  高層住居誘導地区 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  高層住居誘導地区

読み方:こうそうじゅうきょゆうどうちく

解説

都市計画法8条に列挙されている 地域地区のひとつで、都市における居住機能の適正な配置を図るため、高層住宅の建設を誘導するように指定される地区。

建築物容積率の最高限度、建築物の 建ぺい率の最高限度及び建築物の敷地面積の最低限度を定める地区である(都市計画法9条16項)。

これが定められるのは、 第一種住居地域第二種住居地域準住居地域近隣商業地域または 準工業地域内で、400%か500%の 容積率が指定されている地域である。

高層住居誘導地区に指定され、建築物の延べ床面積の3分の2以上を住宅とし、また敷地面積の下限が設けられているときはその下限より大きな 敷地を確保すると、もともと定められた容積率の1.5倍以下で当該建築物の住宅の用途に供する部分の 床面積の合計のその延べ面積に対する割合に応じて 政令で定める方法により算出した数値までの範囲内で、当該高層住居誘導地区に関する 都市計画において定められたものまで容積率は緩和される( 建築基準法52条5号)。

また、この地区内では 日影規制の適用が除外されたり、斜線制限の緩和が図られることになる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ