ホーム  >  景観地区 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  景観地区

読み方:けいかんちく

解説

都市計画法に基づく 地域地区の一種。

景観地区に関する 都市計画の中では、 建築物の形態・意匠の制限について必ず定めるとともに、建築物の高さの最高限度または最低限度、壁面の位置の制限、建築物の敷地面積の最低限度のうち、必要なものを選択的に定めるものとしている( 景観法61条)。

なお、景観地区の創設に伴い、市街地の美観を維持するための地域地区である美観地区は、その目的が景観地区の目的に含まれることから廃止することとされた。

景観地区内で建築物の建築をしようとするものは、あらかじめ、都市計画に定められた建築物の形態・意匠の制限に適合するかどうか市町村長の認定を受けなければならない(同法62条、63条)。

都市計画の制限に違反した建築物に対しては、市町村長は、建築物の改築・修繕等、違反を是正するために必要な措置を命ずることがでる(同法64条)。

なお、形態や意匠以外の制限(建築物の高さなど)については、 建築基準法による 建築確認の手続きの中でチェックされることになる(建築基準法6条、68条)。

また市町村は、 条例で定めれば、 建物だけでなく、景観地区内の工作物についても、その形態・意匠の制限、高さの最高限度や最低限度の制限等を定めることができるものとした(景観法72条)。

さらに、同じく条例によって、景観地区内の 開発行為についても、必要な規制をすることができる(同法73条)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ