ホーム  >  復興支援・住宅エコポイント制度 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  復興支援・住宅エコポイント制度

読み方:ふっこうしえん・じゅうたくえこぽいんとせいど

解説

住宅の省エネ化・住宅市場の活性化に加え東日本大震災の復興支援を目的として導入された制度。一定の要件を満たすエコ住宅の 新築またはエコ リフォームに対しポイントを発行し、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる。
なお、発行されるポイントのうち2分の1以上を、被災地の特産品や義援金などの復興支援商品に交換する必要がある。


1.ポイントの発行対象

(1)エコ住宅の新築

 平成23年10月21日から平成24年10月31日に建築着工※したもで次の[1]又は[2]に該当する新築住宅。

 [1]省エネ法のトップランナー基準(住宅事業建築主の基準)相当の住宅

 [2]省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

 ※建築着工とは、根切り工事又は基礎杭打ち工事の着工をいう。

(2)エコリフォーム

 平成23年11月21日から平成24年10月31日に工事着手※したもで次の[1]又は[2]に該当する改修工事。

 [1]窓の断熱工事

 [2]外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

 ※工事着手とはポイント対象工事を含むリフォーム工事全体の着手をいう。


2.ポイントの申請・交換期限

【ポイントの申請期限】

(1)エコ住宅の新築

一戸建て 平成25年4月30日まで
共同住宅等 階数10以下 平成25年10月31日まで
階数11以上 平成26年10月31日まで

(2)エコリフォーム

 平成25年1月31日まで
 ※ただし、耐震改修を行う共同住宅等の場合、階数に応じて申請期限が異なる。

階数10以下 平成25年10月31日まで
階数11以上 平成26年10月31日まで

【ポイントの交換期限】

・平成27年1月31日(エコ住宅の新築、エコリフォーム問わず)


3.発行ポイント数

(1)エコ住宅の新築

 
被災地※ 1戸あたり300,000ポイント
その他の地域 150,000ポイント
太陽熱利用システムを設置した場合はそれぞれ20,000ポイント加算)
※「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」における「特定被災区域」。

(2)エコリフォーム(300,000ポイントを限度とする)

内窓設置・外窓交換
発行ポイント数 大(2.8㎡以上) 18,000ポイント
中(1.6㎡以上2.8㎡未満) 12,000ポイント
小(0.2㎡以上1.6㎡未満) 7,000ポイント

ガラス交換
発行ポイント数 大(1.4㎡以上) 7,000ポイント
中(0.8㎡以上1.4㎡未満) 4,000ポイント
小(0.1㎡以上0.8㎡未満) 2,000ポイント

外壁、屋根、天井、床の断熱改修
発行ポイント数 外壁 100,000ポイント
屋根・天井 30,000ポイント
50,000ポイント

バリアフリー改修
発行ポイント数 手すりの設置 5,000ポイント
段差解消 5,000ポイント
廊下幅等の拡張 25,000ポイント
ポイントの上限
50,000ポイントを限度とする。

住宅設備の設置
発行ポイント数 太陽熱利用システム 20,000ポイント
節水型トイレ 20,000ポイント
高断熱浴槽 20,000ポイント

リフォーム瑕疵保険の
加入
10,000ポイント
耐震改修※ 150,000ポイント
※耐震改修を行う場合は、30万ポイントの上限とは別にポイントが加算されます。


外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ