ホーム  >  ユニット工法 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  ユニット工法

読み方:ゆにっとこうほう

解説

あらかじめ工場で、住宅の外壁はもちろん、窓を取り付けたり、電気配線をし、内装など完成に近い状態まで仕上げた箱形のユニットを建設現場へ運び、組み立てて 建築する工法。この工法で建てられた住宅はユニット工法住宅と呼ばれ、 プレハブ住宅の一種である。

この工法は現場での工期が短いというメリットもあるが、間取りの変更が困難というデメリットもある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ