ホーム  >  外断熱 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  外断熱

読み方:そとだんねつ

解説

建物の外部側に断熱層を設ける工法のこと。

構造躯体の外側に断熱材を張れば、外壁は室内側に近い温度になり、外気の影響を受けにくく、劣化も進みにくくなり、また、 結露防止の面でも効果が高い。

さらに、建物の構造体が蓄熱体となり室内温度を適正に保つためのエネルギー消費も少なくてすむため経済効果にも優れている。

従来、わが国ではほとんどの 建築物内断熱工法が採用されてきたが、近年は断熱効率を上げるために外断熱工法を採用するケースが増えている。
外断熱の図


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ