ホーム  >  建替え決議 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  建替え決議

読み方:たてかえけつぎ

解説

分譲 マンションのような 区分所有建物について、老朽や損傷、一部の滅失などの理由により、修復するのに過分の費用を要する場合は、 区分所有者及び議決権それぞれの5分の4以上の多数の賛成により 建物を取り壊し、かつ建物の 敷地に新たに主たる使用目的を同一とする建物を 建築する旨の決議ができるとされている( 建物の区分所有等に関する法律62条1項)。

この建替え決議については、区分所有者全員に建替え計画を周知させるため、次のような手続き規定が 区分所有法に定められている。

  1. 建替え決議のための 管理組合の集会を開くには、招集者(通常は理事長)は、その集会の日の少なくとも2月前までに集会の開催を区分所有者に通知しなければならない(同法62条4項)。
  2. 上記の通知においては、招集者は「建替えを必要とする理由」、「建替えをしないときに建物の効用を維持(または回復)するのに要する費用の額と内訳」「建物につき修繕積立金として積み立てられている金額」などの事項を通知しなければならない(同法62条5項)。
  3. 上記2の通知事項について、招集者は、その集会の日の少なくとも1月前までに区分所有者に対する事前の説明会を開催して、説明しなければならない(同法62条6項)。
  4. 建替えを決議する管理組合の集会では、新たに建築する建物の設計の概要・費用の概算額・費用の分担などもあわせて決議する必要がある(同法62条2項)。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ