ホーム  >  催告の抗弁権 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  催告の抗弁権

読み方:さいこくのこうべんけん

解説

保証人債権者から請求を受けたとき、まず主たる 債務者に催告するよう主張できる権利( 民法452条本文)。

保証人の 債務は債務者が履行しない場合の補充的なものであるので、 検索の抗弁権とならんで認められている権利である。

債権者が催告をすることを怠ったために主たる債務者から全部の 弁済を得られなかったときは、保証人は、債権者が直ちに催告をすれば弁済を得ることができた限度において、その義務を免れる(同法455条)。

ただし、催告の抗弁権は以下の場合には認められない。

  1. 主たる債務者が破産手続開始の決定を受けたとき、又はその行方が知れないとき(同法452条ただし書き)。
  2. 連帯保証のとき(同法454条)。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ