ホーム  >  顕名主義 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  顕名主義

読み方:けんめいしゅぎ

解説

代理人代理行為が、本人に対して 法律効果を生ずるには、本人の名を明らかにして、本人のために行うということを示さなければならないという方式。顕名とは「名をあらわす」という意味である。 民法もこの立場をとる(民法99条1項)。周囲の状況からそれが明らかであればよいとされる。

代理人がそれを示さずに 法律行為をし、相手方が本人のための行為であることを知らなかった場合は、代理人が自己のためにしたとみなされ、本人には効果は生じない。

ただし、本人が商人(商法上の商人。同法4条)で、その法律行為が商行為(営利のために行われる行為)となる場合は、代理人が本人のためにすることを示さなくても、本人と相手方の間に効果を生ずる(商法504条本文)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ