ホーム  >  扶養控除 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  扶養控除

読み方:ふようこうじょ

解説

納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合には、一定の金額の 所得控除が受けられる。これを扶養控除という。

扶養親族とは、その年の12月31日の現況で次の四つの要件のすべてに当てはまる人である。

  1. 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいう)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。
  2. 納税者と生計を一にしていること。
  3. 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
  4. 原則として、 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は 白色申告者の事業専従者でないこと。

扶養控除の額は、扶養親族1名につき38万円が基本となるが、親族の年齢が16歳以上23歳未満のときは38万円から63万円へ増額され、親族の年齢が70歳以上のときは38万円から48万円へ増額される。また、扶養親族が障害者の場合には控除できる額はさらに増額される。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ