ホーム  >  税務署からのお尋ね | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  税務署からのお尋ね

読み方:ぜいむしょからのおたずね

解説

不動産を買ったりすると、税務署から「お尋ね」という書類が送られてくることがある。これは、税務署が 登記簿からその所有関係の異動をつかみ、その不動産の取得にあたって 贈与がからんでいないか、また、裏金が動いていないかどうか、などの資金の出所を調べるためのものである。

不動産を買ったときに送られてくる「お買いになった資産の買入価額についてのお尋ね」又は「新(増・改)築、買入又は貸借等された家屋等についてのお尋ね」には、前年の所得、購入先、購入価額、共有者の持分、支払代金の調達方法などを記入することになっている。

つまり「前年の所得金額からその不動産の購入は可能か」「申告モレとなっている所得はないか」「 登記の割合は資金拠出の割合と一致しているか」「購入資金の贈与があったのではないか」などのチェックができるようになっている。

ただし、この「お尋ね」は、法律で提出が義務付けられているわけではないので、回答しなくても罰せられるということはない。しかし、回答しないで税務署に勘ぐられるよりは指定された期日までに回答しておいたほうが望ましい。回答しなかったりすると、税務調査に発展することもあるからである。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ