ホーム  >  現況有姿分譲地 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  現況有姿分譲地

読み方:げんきょうゆうしぶんじょうち

解説

山林や原野などを造成工事をしないで現況のまま権利上の区画を区分けして販売される 土地をいう。

市街化調整区域の土地や別荘地分譲などでよくあるケースである。

通常、現況有姿分譲地には電気、ガス、水道などの インフラが整備されていないので、そのままでは生活できないため、 不動産の表示に関する公正競争規約は、広告媒体の種類を問わず、「この土地は、現況有姿分譲地ですから、住宅等を 建築して生活するために必要とされる施設はありません」という定型文言を16ポイント以上の大きさの文字で明瞭に記載することを義務付けている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ