ホーム  >  付属建物 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

  付属建物

読み方:ふぞくたてもの

解説

主たる 建物とは別棟で、社会通念上、効用、経済的価値等から主たる建物と一体をなすものとする建物(別棟の物置、作業小屋、便所等)をいう。

登記記録登記簿)上では 表題部に付属建物として 登記される。

付属建物は、通常は建物の 従物であると考えられるので、主たる建物が 売買されると同時に売買されたことになる(ただし当事者同士で異なる合意をすることは可能である)。

付属建物は、未登記の場合も多いが、その場合でも、主たる建物の登記の 対抗力は付属建物にも及ぶし、主たる建物に 抵当権が設定されれば、付属建物にもその効力が及ぶとされる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ