ホーム  >  抵当権設定登記 | 茨木市の不動産情報ならセンチュリー21大和住研



カテゴリから探す

  抵当権設定登記

読み方:ていとうけんせっていとうき

解説

抵当権は、 不動産又は 地上権もしくは 永小作権に設定することができる約定担保物件である( 民法369条)。抵当権設定登記は、 抵当権者登記権利者抵当権設定者登記義務者として、抵当権設定契約がされたことを証する 登記原因証明情報を提供して申請する。

申請情報には、被担保債権を特定できる事項として、抵当権設定契約の成立日、債権額、 債務者の表示を必ず記録する。債権額は、優先弁済権の範囲を確定するために記録するが、一つの 債権の一部を被担保債権とすることも可能である(その場合には登記原因にその旨を記録する)。

また、弁済期までの利息・弁済期後の予定損害金の特約を 登記することができ、このうち、最後の二年間のものに限って抵当権設定登記に記録がある場合には、後順位担保権者・一般 債権者に対し、当然に優先弁済を受けられる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ