ホーム  >  仮登記の抹消 | 茨木市の不動産情報ならセンチュリー21大和住研



カテゴリから探す

  仮登記の抹消

読み方:かりとうきのまっしょう

解説

仮登記の申請と同じく、仮登記の抹消申請も 共同申請の原則に服しているが、例外的に単独申請の手続がある( 不動産登記法110条)。

第一は仮登記権利者からの申請である。仮登記の予備性から、仮登記権利者が仮登記から得る利益を一方的に放棄しても支障がないと考えられており、同人の申請意思を担保するため、仮登記時に通知された 登記識別情報申請情報に添付する。

第二は利害関係人からの申請である。仮登記の予備性に基づく点は第一の場合と同様である。ここでいう利害関係人とは、仮登記に基づく 本登記がなされたときに自己の権利につき不利益を被る者のことをいい、本来は第三者を念頭に置いているが(その意味でも例外的な手続である)、さらに、第三者との均衡上、仮登記義務者自身も利害関係人にあたると解されている。

申請情報には仮登記権利者の承諾証明情報、承諾が得られないときはこれに対抗しうる判決等の謄本を添付する。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ