ホーム  >  土壌汚染 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  土壌汚染

読み方:どじょうおせん

解説

土壌汚染の明確な定義はないが、一般には土壌における有害物質の汚染値が環境基本法に基づく環境基準値を超過した場合をいう。

ここでいう有害物質は重金属等と VOC(揮発性有機化合物)の2種類あり、地下水又は直接摂取により人体の健康に悪影響を与える物質をいうが、 不動産取引や評価において価格に影響を与える物質としては、この他に油等もある。

平成15年に施行された 土壌汚染対策法が調査対象にしている 土地は、有害物質使用特定施設(有害物質を取扱う工場等)が廃止された場合のその施設の 敷地や、土壌汚染による健康被害が生ずるおそれがあると都道府県等が認めて命じた土地である。

現在では、不動産の取引において土壌汚染が存することが判明した場合、 売主の負担で除去するという認識が定着しつつある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ