ホーム  >  防災街区整備地区計画 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  防災街区整備地区計画

読み方:ぼうさいがいくせいびちくけいかく

解説

老朽化した木造住宅が密集し、道路・公園などの公共施設が十分にない防災上危険な密集市街地において、区域全体に 建物を火に強い構造とする制限や 敷地面積の最低限度などを定め防災性の向上と住環境の整備を図り、また、防災上重要な道路と沿道の建物を一体に整備し、火事や地震発生時に延焼を防止する防火帯を形成し避難路を確保することなどを目的とする制度である。

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律に従い、 都市計画によって定められる。

防災街区整備地区計画を定めるための条件は、下記のとおりである(密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律32条)。

  1. 当該区域における特定防災機能の確保を図る上で必要となる適正な配置及び規模の公共施設がない区域であること。
  2. 当該区域における特定防災機能に支障を来たしている区域であること。
  3. 都市計画法8条1項1号に規定する 用途地域が定められている区域であること。

外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ