ホーム  >  第二種住居地域 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  第二種住居地域

読み方:だいにしゅじゅうきょちいき

解説

都市計画法に基づく 用途地域のひとつ。主として住居の環境を保護するため定める地域である(都市計画法9条6号)。

住居系の地域であるが、大規模な飲食店、店舗、事務所などの 建築も可能であり、階数や 床面積の制限はなく、カラオケボックス、パチンコ店などの遊戯施設、畜舎、自動車教習所も建てられる。
 
また、作業場が50㎡以下なら、小規模な食品製造業に加えて、危険性や環境悪化のおそれが少ない工場も建築可能である。

ただし、劇場や映画館、ダンスホール、営業用倉庫などは建築できない。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ