ホーム  >  国土法の届出 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  国土法の届出

読み方:こくどほうのとどけで

解説

ある一定規模以上の 土地売買等の 契約を締結した場合、 国土利用計画法23条1項に基づく届出が必要となる。

国土法の届出が必要な区域及び売買等の面積は次のとおりである。

  1. 市街化区域 2,000㎡以上
  2. 市街化調整区域 5,000㎡以上
  3. 都市計画区域外 10,000㎡以上

上記の土地を単独又は一団で買った場合、国土法の届出が必要となる。

届出期間は売買等の契約の日を起点として2週間以内であり、届出をしなかった場合には、法律により6ヵ月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される場合がある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ