ホーム  >  連坦建築物設計制度 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  連坦建築物設計制度

読み方:れんたんけんちくぶつせっけいせいど

解説

複数 敷地により構成される一団の 土地の区域内において、既存建築物の存在を前提とした合理的な設計により、 建築物建築する場合において、各建築物の位置及び構造が安全上、防火上、衛生上支障ないと 特定行政庁が認めるものについては、複数建築物が同一敷地内にあるものとみなして、 容積率制限、 日影規制等の建築規制を適用するという制度( 建築基準法86条2項、同法施行規則10条の17)。

平成10年の建築基準法改正における柱のひとつである建築規制内容の合理化に対応した施策であり、この制度により、まとまった土地での合理的な建築が可能となる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ