ホーム  >  構造計算書 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  構造計算書

読み方:こうぞけいさんしょ

解説

設計図書の作成過程において、柱や にかかる荷重や風圧、地震などに対する 建物の構造安全性を計算により確認するが、その計算一式をとりまとめた書類のこと。

建築物に想定される荷重及び外力がかけられた場合、その荷重及び外力によって発生する 応力が、 構造躯体の各部分にどのように発生するか(応力解析)と、その応力によって部材に発生させる応力度が、その担われる部材の有する許容応力度の範囲に納めるための部材設計とから構成される。

各部材に発生する応力度が、その部材固有の許容応力度以下であれば、構造的に安全であると判断される。

建築基準法では3階建て以上の木造の建物や、2階建て以上の鉄筋コンクリート造の建物等で 構造計算が義務付けられている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ