ホーム  >  長期使用製品安全点検制度 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  長期使用製品安全点検制度

読み方:ちょうきしようせいひんあんぜんてんけんせいど

解説

経年劣化による製品事故を防止するために、消費生活用製品安全法を改正し、特に重大な危害を及ぼすおそれの多い9品目について点検する制度。平成21年4月1日から施行された。

屋内式ガス瞬間湯沸器など、ガス、石油、電気を使用する設置式の9品目が対象となるが、これらの製品は長い間使用を続けていると、経年劣化により、火災や死亡事故などを起こすおそれがある。そこで、これらの製品を安全に使い続けるために、この制度が設けられた。

点検制度の対象製品は、以下の9品目(特定保守製品)である。

  1. 屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
  2. 屋内式ガス瞬間湯沸器(プロパンガス用)
  3. 屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用)
  4. 屋内式ガスバーナー付ふろがま(プロパンガス用)
  5. 石油給湯機
  6. 石油ふろがま
  7. FF式石油温風暖房機
  8. ビルトイン式電気食器洗機
  9. 浴室用電気乾燥機

長期使用製品安全点検制度は、製品を購入した所有者に対して、メーカーや輸入業者から点検時期を知らせ、点検を促すことで、事故を防止するための制度である。
そのため、消費者には、製品を購入する際に、メーカーや輸入業者にユーザー登録を行う責務がある。また、点検時期がきて、製品の使用を継続する場合、必ず点検を受ける責務がある。

アパートマンションなどのオーナーは、賃貸業者として、賃借人の安全に配慮すべき立場にあるため、特に保守が求めらている。

ユーザー登録と点検の責務を果たさずに重大事故を招いた場合は、所有者はその責任を問われる場合もある。

特定保守製品を販売する事業者(小売販売店、建物建築請負事業者、不動産販売事業者等)には、販売する際に所有者に対して、「長期使用製品安全点検制度」の説明を行い、ユーザー登録の必要性、販売店がユーザー登録に協力することなどを説明する義務がある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ