ホーム  >  2×4(ツーバイフォー)工法 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  2×4(ツーバイフォー)工法

読み方:つーばいふぉーこうほう

解説

北米で生まれ発達した工法で、日本では「枠組壁工法」という呼び方が正式名称となっている。

建物躯体を構成する部材のうち、2インチ×4インチの断面の部材を多用することから、2×4(ツーバイフォー)工法の呼び方が一般化している。

主として住宅用に用いられている。

この工法は規格化された構造用製材でつくった枠組みに、構造用合板などの面材を打ち付けたパネルで床、壁、屋根を箱状に構成する構造である。

これにより、壁そのものが垂直方向と水平方向の強度を持つことができる。
2×4(ツーバイフォー)工法の図


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ