ホーム  >  取引態様の明示 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  取引態様の明示

読み方:とりひきたいようのめいじ

解説

宅地建物取引業者は、 宅地又は 建物売買交換又は貸借に関する広告をするとき又は注文を受けたときは、次のいずれの立場であるかを明示しなければならない( 宅地建物取引業法34条)。

  1. 自己が 契約の当事者となつて当該売買若しくは交換を成立させる。
  2. 代理人として当該売買、交換若しくは貸借を成立させる。
  3. 媒介して当該売買、交換若しくは貸借を成立させる。

これを明示する必要があるのは、 取引態様のいかんにより法律上の効果や報酬の額が異なるからである。

なお、「媒介」については「 仲介」という言葉でもよいこととされている( 不動産の表示に関する公正競争規約15条1号)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ