ホーム  >  手付金等の保全措置 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  手付金等の保全措置

読み方:てつけきんとうのほぜんそち

解説

宅地建物取引業者が自ら 売主となり マンション建売住宅などを販売するときは、売主の倒産等による 買主の被害をさけるため、次の場合には 手付金等の保全措置が義務付けられている( 宅地建物取引業法41条、41条の2)。

  1. 工事完了前の 売買にあっては、売買代金の5%または1,000万円を超えるとき。
  2. 工事完了後の売買にあっては、売買代金の10%または1,000万円を超えるとき。

なお、手付金等の額が前記の一定金額以下の場合や買主への所有移転登記等がされた場合は、保全措置を講ずる必要はないものとされている。

保全の方法としては、次のものがある。

  1. 銀行等との間に保証委託契約を結ぶ方法。
  2. 保険事業者との間に保証保険契約を結ぶ方法。
  3. 宅地建物取引業者と 指定保管機関との間で手付金等寄託契約を、宅地建物取引業者と買主との間で質権設定契約を結ぶ方法(ただし、工事完了後の売買の場合に限る)。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ