ホーム  >  宅地建物取引主任者の登録 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  宅地建物取引主任者の登録

読み方:たくちたてものとりひきしゅにんしゃのとうろく

解説

宅地建物取引主任者資格試験に合格し、下記の要件を満たす者で一定の欠格事由に該当しない者は、試験を行った都道府県知事( 宅地建物取引業に従事しようとする都道府県知事ではないことに注意)の登録を受けることができる( 宅地建物取引業法18条)。

登録の要件は下記のとおりである。

  1. 宅地若しくは 建物の取引に関し2年以上の実務経験を有する者。
  2. 国土交通大臣がその実務経験を有する者と同等以上の能力を有すると認めた者( 不動産流通近代化センターが実施する 登録実務講習を受講し修了することにより、この実務経験を有するものと同等以上の能力を持つ者として認定されることができる)。

また、欠格事由としては、宅地建物取引業に係る営業に関し成年者と同一の能力を有しない 未成年者成年被後見人被保佐人等が定められている。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ