ホーム  >  損害賠償額の予定等の制限 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  損害賠償額の予定等の制限

読み方:そんがいばいしょうがくのよていとうのせいげん

解説

宅地建物取引業者がみずから 売主となる 宅地又は 建物売買 契約において、当事者の 債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う 損害賠償の額を予定し、又は 違約金を定めるときは、これらを合算した額が代金の額の10分の2をこえることとなる定めをしてはならない( 宅地建物取引業法38条1項)。

これに反する特約は、限度を超える部分について無効とされている(同法38条2項)。

これを自由とすれば、 損害賠償額の予定や違約金は、たいへん高額になることもあり、取引に精通していない一般消費者はこれらによって不測の損害を被る場合が考えられる。

また、一般的に実損額が代金の2割を超えることはまれであると考えられているからである。

なおこの規定は一般消費者保護の規定であるので、宅地建物取引業者間の取引には適用されない(同法78条)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ