ホーム  >  土地区画整理審議会 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  土地区画整理審議会

読み方:とちくかくせいりしんぎかい

解説

土地区画整理法56条に基づき、地方公共団体等が施行する 土地区画整理事業において、各々の土地区画整理事業ごとに設けられる審議会で、施行地区内の 宅地の所有者、借地権者、土地区画整理事業について学識経験を有する者で構成される。

その目的は、施行地区内の権利者の意見が事業に反映され、公正に執行されるのを確保するためで、施行者が 換地計画を作成しようとする場合(土地区画整理法88条)、 仮換地を指定しようとする場合(同法98条)、減価補償金を交付しようとする場合(同法109条)などに意見を述べるなどの権限を有している。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ