ホーム  >  造作買取請求権 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  造作買取請求権

読み方:ぞうさくかいとりせいきゅうけん

解説

賃借人が賃貸人の同意を得て 建物に付加し、または賃貸人から買い受けた造作を、賃貸借終了の際に賃貸人に買い取らせる権利のこと( 借地借家法33条、旧借家法5条)。

「造作」とは、賃借人の所有に属し、かつ、 建物の使用に客観的に便益を与えるものをいい、大型の埋め込み式空調設備や雨戸のように、いったん取り付けると、取り外す際に相当価値が下がるものがその例である。

旧借家法では、賃貸人が取り付けに同意した造作については、借家契約終了時に賃貸人が買い取らなければならないという 強行規定であったが、現行の借地借家法では、賃貸人は取り付けに同意しても特約により買い取らなくてもよいという 任意規定に改められた。

賃借人は、この権利行使により時価相当額を請求できるが、判例では、その支払いがなくても建物明渡しを拒めないとされている。

なお、賃借人の 債務不履行による 契約の解除の場合には、造作買取請求権は行使できないとされている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ