ホーム  >  更新拒絶等の正当事由 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  更新拒絶等の正当事由

読み方:こうしんきょぜつとうのせいとうじゆう

解説

借地借家法では、 借地権の存続期間が満了する場合、借地権者が更新の請求をするか、満了後も 土地の使用を継続するときに借地権設定者が異議を述べるときは、いずれも正当事由を必要としている(借地借家法5条、6条)。

建物賃貸借においても、賃貸人が更新拒絶通知をするときに、正当事由を必要とする。

正当事由の要件は、賃貸人および賃借人がその土地または建物を必要とする事情のほか、土地または建物の従前からの経過や利用状況等によって判断され、立退料の提案も考慮されるとしている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ