ホーム  >  期間付死亡時終了建物賃貸借 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  期間付死亡時終了建物賃貸借

読み方:きかんつきしぼうじしゅうりょうたてものちんたいしゃく

解説

定期建物賃貸借終身建物賃貸借とを組み合わせて、いずれか早い方が期限となる、という賃貸借契約で、 高齢者の居住の安定確保に関する法律61条に定められた制度。

終身建物賃貸借の認可を受けた賃貸住宅の賃借人になろうとする高齢者から特に申出があった場合には、一定の賃貸借期間を定めて、その期間が終了するか、あるいは賃借人が死亡すれば、終了することとなる賃貸借契約である。なお、 契約公正証書等書面によることを要する。

この契約では更新や契約の承継がないということになるが、同居者(配偶者や60歳以上の親族)が、
死亡の事実を知ったときから1ヵ月以内に申し出たときは、同一条件の賃貸借契約を締結することができるようにして、同居人の保護をはかっている(ただし、この間に、期間付死亡時終了建物賃貸借契約の期間が満了した場合はできない)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ