ホーム  >  履行の着手 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  履行の着手

読み方:りこうのちゃくしゅ

解説

手付解除は、相手方が履行に着手するまでは行うことができるが( 民法557条1項)、判例ではここでいう履行の着手とは、客観的に外部から認識できるような形で、 契約の履行行為の一部をなしたこと、または履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をしたことと解釈されている(最高裁判決昭和40年11月24日)。

履行の着手行為の例は、 売主の場合は売買物件の一部または全部の引渡しや、 買主の希望により売却を前提として 分筆登記の申請をすること等が、買主の場合は中間金の支払い等が挙げられる。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ