ホーム  >  不動産質 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  不動産質

読み方:ふどうさんしち

解説

不動産を目的物とした 質権のこと。

不動産質権を取得した 債権者(不動産質権者)は、不動産をその用法に従って使用収益して利益をあげることができるが( 民法356条)、その反面、 債権の利息を 債務者に請求することができない(同法358条)。ただし当事者がこれと異なる特約をした場合には特約が優先する(同法359条)。

また、不動産質の存続期間は10年を超えることができず、10年を超える 契約をしたとしても10年に短縮される。

不動産質は不動産質権者と質権設定者の 契約によって設定され、目的物の引渡しにより効力を生ずる。 対抗要件登記である(同法177条)。

なお、不動産に関する 担保物権としては一般的に 抵当権が利用されており、不動産質が利用されることは、ごく稀であるといえる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ