ホーム  >  被補助人 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  被補助人

読み方:ひほじょにん

解説

精神上の障害により物事を判断する能力が不十分である者で、家庭裁判所が、本人、配偶者、四親等内の親族、 後見人保佐人などや、検察官の請求により、補助開始の審判を行い職権で 補助人を付けることになった者。家庭裁判所が本人以外の人からの請求によって補助開始の審判を行う場合には本人の同意が必要とされる。

被補助人は、その精神上の障害の程度が軽微であるため重要な 法律行為でも単独で行うことができるが、家庭裁判所が、特定の法律行為については補助人の同意を得る必要があることを審判したり、補助人に代理権を与えることを審判したりすることもできる。

どのような法律行為について「同意」や「代理」を必要とするかは、本人、配偶者、親族などの請求によって家庭裁判所が審判する( 民法17条、876条の9)。

したがって、被補助人との 契約を行なう場合には、その補助人と事前に協議するべきである。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ