ホーム  >  特別受益者 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  特別受益者

読み方:とくべつじゅえきしゃ

解説

被相続人から生前に 贈与を受け、又は 遺言によって 遺贈を受けたもののように、特別の利益を受けた 相続人のこと。

そのような相続人がいる場合に、遺産の分配にあたって考慮しなければ不公平になるとの考慮のもとに、 民法は、相続人の中に特別受益者がいる場合には、被相続人が相続開始の時に有していた財産の価額に、その贈与の価額を加えたものを相続財産とみなして、これを相続分に従って分け、特別受益者の具体的相続分は、この額から贈与及び遺贈の額を差し引いたものとしている(民法903条)。

この場合、特別受益として相続財産として計算上加算される贈与は「婚姻、養子縁組のため、もしくは生計の資本として」の贈与に限っている。あまり細かい贈与まで考慮するのは面倒でもあり、また被相続人の意思にも反するからである。

なお、相続税法の生前贈与では 相続の前3年以内の分を遺産に組み入れるが、特別受益には年数の制限はない。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ