ホーム  >  抵当建物使用者の引渡しの猶予 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  抵当建物使用者の引渡しの猶予

読み方:ていとうたてものしようしゃのひきわたしのゆうよ

解説

民法改正により、平成16年4月1日から、不動産競売において 短期賃貸借保護制度は廃止され、新たに抵当建物使用者の引渡しの猶予制度が導入された。

抵当権者に対抗することができない 賃貸借により 抵当権の目的である 建物の使用又は収益をする者で、競売手続の開始前から使用又は収益をする者、又は 強制管理又は担保不動産収益執行の管理人が競売手続の開始後にした賃貸借により使用又は収益をする者は、その建物の 競売における買受人の買受けの時から6ヵ月を経過するまでは、その建物を買受人に引き渡すことを要しないとされた(民法395条)。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ