ホーム  >  抵当権の効力の及ぶ範囲 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  抵当権の効力の及ぶ範囲

読み方:ていとうけんのこうりょくのおよぶはんい

解説

抵当権の効力の及ぶ目的物の範囲は抵当不動産(抵当権が設定された 不動産)のほかに、それに付加して一体をなした物にも効力が及ぶとされる( 民法370条)。

なお、民法242条の 付合物は付加物に含まれると解され、抵当権の効力が及ぶことは疑いがない。民法87条の 従物に関しては、判例では従物を抵当権の効力が及ぶことを肯定している。

抵当権の効力が及ばないのは下記のような場合である。

  1. 抵当権設定契約において、付加物に抵当権の効力が及ばない旨の特約を当事者が結んだ場合。
  2. 債務者が他の 債権者を害することを知りながら抵当不動産に物を付加させ、 抵当権者もこのことを知っている(悪意)場合。
  3. 第三者が権原にもとづいて 抵当権設定者の抵当不動産に自己の物を付属させた場合には、その物は第三者の 所有権にとどまるので抵当権の効力はそれには及ばない。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ