ホーム  >  単純承認 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  単純承認

読み方:たんじゅんしょうにん/p>

解説

被相続人の一切の財産を無制限に引き継ぐ方法で、 相続では最も一般的なものである。

この場合、とくに特別な手続を行う必要はなく、相続開始後3ヵ月以内に 限定承認相続放棄の手続をとらなかった場合には、自動的に単純承認をしたものとみなされる。

ただし、借金が遺産より多いような場合には、自己の財産からも返済しなければならない。

また、単純承認の意思が無くても、次のような事実があった場合には単純承認をしたものとみなされる(法定単純承認、 民法921条)。

  1. 遺産の全部または一部を処分したとき。
  2. 3ヵ月の期間内に限定承認も相続放棄もしなかったとき。
  3. 限定承認や相続放棄をしたとしても、遺産の全部または一部を隠していたり、遺産を隠すつもりで限定承認の財産目録に記載しなかったとき。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ