ホーム  >  善意の第三者 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  善意の第三者

読み方:ぜんいのだいさんしゃ

解説

日常語の善意は、善良な心というような意味で使用されるが、法律用語としての善意とは、「ある事情について知らない」という意味で使用される。

従って「善意の第三者」とは、ある事柄について事情を知らない第三者ということになる。

例えば、ダイヤ入りの指輪は動産なので、 即時取得の対象となる。即ち、その指輪が預かり物であるという事情を知らずに、保管しているだけの人から安い値段で買い取った人は、即時取得によって保護さる。つまりこの指輪を預けていただけの被害者から引渡しを求められたときに返さなくてもよいことになる。
 
ただし、即時取得の条件としては、善意・無過失であることとされているので、事情を知らないことについて落ち度のなかったことも必要となる。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ