ホーム  >  善意・悪意 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  善意・悪意

読み方:ぜんい・あくい

解説

ある事情を知っていることを悪意といい、知らないことを善意という。ある事情の存否について疑いをいだいていただけでは知っているとはいえず、悪意にはならない。

ここでいう善意・悪意とは、一般的な道徳上の善意・悪意の価値判断ではなく法律上の概念である。

善意の第三者」というのがあるが、これは当事者が知っていることを知らない第三者をいい、法律上保護されるケースが多いといえる。一方「悪意の第三者」は「善意の第三者」と異なり、第三者であっても法律上保護を受けられない場合が多い。

例えば、 民法94条の 虚偽表示は、第三者が虚偽表示であることを知らない(善意)ときは、その第三者に対して当事者は無効を主張できないとして、善意の第三者を保護している。反対に第三者が虚偽表示であることを知っていた(悪意)ときは、当事者は無効を主張できる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ