ホーム  >  制限行為能力者の相手方の催告権 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  制限行為能力者の相手方の催告権

読み方:せいげんこういのうりょくしゃのあいてがたのさいこくけん

解説

制限行為能力者契約等をした相手方が、1ヵ月以上の期間を定めて、その契約等を 追認するか否かを返答するように催告することができる権利( 民法20条)。

催告を、制限行為能力者が行為能力者( 行為能力の制限を受けない者)となった後、その者に対して、又は制限行為能力者が行為能力者とならない間に、その 法定代理人保佐人又は 補助人に対し行った場合には、期間内に返答がないときは、その契約等を追認したものとみなされる(契約等の取消しができなくなる)。

また、 被保佐人又は 被補助人に対しては、期間内にその保佐人又は補助人の追認を得るべき旨の催告をすることもでき、この場合において、その被保佐人又は被補助人がその期間内にその追認を得た旨の通知を発しないときは、その行為を取り消したものとみなされる。

なお、制限行為能力者である 未成年者成年被後見人に対して催告をすることはできない。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ