ホーム  >  新住宅市街地開発法 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  新住宅市街地開発法

読み方:しんじゅうたくしがいちかいはつほう

解説

住宅に対する需要が著しく多い市街地の周辺の地域における住宅市街地の開発に関し、 新住宅市街地開発事業の施行その他必要な事項について規定することにより、健全な住宅市街地の開発及び住宅に困窮する国民のための居住環境の良好な相当規模の住宅地の供給を図り、もつて国民生活の安定に寄与することを目的として昭和38年に制定された法律。

新住宅市街地開発事業の施行者から 建築物建築すべき 宅地を譲り受けた者等は、原則として譲り受けの日の翌日から起算して5年以内に、施行者が行う処分に関する計画で定める規模及び用途の建築物を建築しなければならないこと(新住宅市街地開発法31条)、新住宅市街地開発事業の完了公告の日から起算して10年間は、造成された宅地に建築された建築物に関する 所有権地上権賃借権等の権利の設定又は移転を行う場合は、原則として都道府県知事の承認を受けなければならないこと(同法32条)等を定めている。


外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ