ホーム  >  消費貸借契約 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  消費貸借契約

読み方:しょうひたいしゃくけいやく

解説

借主が金銭その他の代替物を貸主から受け取り、これと同種・同等・同量の物を返還することを約する 契約( 民法587条)で、 金銭消費貸借契約がその典型である。

賃貸借使用貸借では、目的物の 所有権が貸主に留保され、借主は借りた物自体を返還しなければならないが、消費貸借では、借主は借りた物(金銭等)を消費してしまうので、返還は前述のとおり同種・同等・同量の物ですることになる点に特色がある。

貸主から金銭等の目的になる物を借主に交付しなければ契約は成立しない(要物契約)。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ