ホーム  >  消費者契約法による契約の取消 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  消費者契約法

読み方:しょうひしゃけいやくほうによるけいやくのとりけし

解説

クーリング・オフができない場合でも、一定の条件下においては、 消費者契約法により 契約を取消すことが可能である。

消費者契約法は、事業者対消費者間の契約に限定して適用されるので、 宅地建物取引業者売主となっている マンション建売住宅、分譲宅地の 売買などで、 買主が会社などの 法人ではなく個人(消費者)の契約に適用される。売主が宅地建物取引業者ではなく一般の個人(非事業者)であれば、消費者契約法の適用はない。

適用範囲内の不動産売買契約の締結過程に、下記にあげるような宅地建物取引業者の不適切な行為があった場合には、契約を取り消すことができる。

  1. 不実告知。 築後20年を経過している物件にもかかわらず「築後10年である」と告げるような事例。
  2. 断定的判断の提供。 将来における 土地の価格につき、「この土地を買えば必ず儲かる」「数年後には必ず2倍の値段になる」などときめつけることなど。
  3. 不利益事実の不告知。 まもなく隣地にマンションが建つ予定があるにもかかわらず「日当たり・眺望は良好」などと告げ、マンション 建築については告げないことなど。
  4. 不退去。 宅地建物取引業者が訪問販売に来たときに、業者に対しもう帰って欲しいと意思表示したにもかかわらず、帰らなかった場合など。
  5. 監禁。 買主が、宅地建物取引業者の営業所に行ったときに、もう帰りたいと意思表示したにもかかわらず、業者が帰してくれなかった場合など。

なお、これらの取消のできる期間は、取消の原因である状況が止んだときから半年以内である。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ