ホーム  >  古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法

読み方:ことにおけるれきしてきふうどのほぞんにかんするとくべつそちほう

解説

わが国固有の文化的資産として国民がひとしくその恵沢を享受し、後代の国民に継承されるべき古都における歴史的風土を保存するために国等において講ずべき特別の措置を定め、もって国土愛の高揚に資するとともに、広く文化の向上発展に寄与することを目的として昭和41年に制定された法律。略して古都保存法又は歴史的風土保存法といわれる。

この法律でいう古都とは、京都市、奈良市、鎌倉市及び 政令で定める他の市町村(平成23年4月現在、天理市、橿原市、桜井市、奈良県生駒郡斑鳩町、同県高市郡明日香村、逗子市、大津市)である(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法2条)。

国土交通大臣は古都における歴史的風土を保存するため必要な 土地の区域を 歴史的風土保存区域として指定することができ(同法4条)、かつ同区域内において歴史的風土の保存上の枢要な部分を構成している地域については、 都市計画に「 歴史的風土特別保存地区」を定めることができること(同法6条)等が規定され、建築行為等を届出制や許可制のもとに統制している。

歴史的風土特別保存地区は府県及び市町村で確認することができ、また、その区域内にそれを表示する標識が設置される。


外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ