ホーム  >  行為能力 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  合意管轄

読み方:こういのうりょく

解説

私法上、 契約などの 法律行為を単独でできる能力のこと。

法律行為を有効に行なうには、行為の結果として自分の権利義務が変動することを認識する 意思能力を持つことが必要とされている。

すべての人間( 自然人)は、生まれながらにして 権利能力を有するが、必ずしも行為能力を有するとは限らない。

わが国の 民法においては、従来行為能力について、 未成年者禁治産者準禁治産者という3つの類型を設け、「行為無能力者」としてこれを保護してきたが、改正により、未成年者制度は残し、新たに「 成年後見制度を設け、禁治産者・準禁治産者の制度は廃止して、 後見保佐補助の制度が導入された。

それに伴い、、「行為無能力者」という言葉は「制限行為能力者」と改められた。

制限行為能力者が、単独でした法律行為は事後的に取り消しうるものとされている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ