ホーム  >  権利の濫用 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  権利の濫用

読み方:けんりのらんよう

解説

権利の濫用とは「形式上権利の行使としての外形を備えるが、その具体的な状況と実際の結果に照らし、その権利の本来の目的内容を逸脱するために実質的には権利の行使として認めることができないと判断される行為」(内閣法制局法令用語研究会編「法律用語辞典」(有斐閣))とされている。

権利の濫用に当たるか否かについては、具体的な場合によって異なるが、一般的には、権利行使が社会生活上、とうてい容認し得ないような不等な結果を惹起する場合とか、あるいは他人に損害を加える目的でのみなされるなど、道義上許されない場合で、諸般の事情を総合・比較衡量して、判断される。

権利の濫用になる場合は、その権利行使は認められないので( 民法1条3項)、例えば、建物賃貸借契約において解除権を行使しても 建物の明渡請求が許されないとされたり、高層建物建築が隣地所有者の日照・通風を阻害する場合、不法行為として 損害賠償責任をおわされることもある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ