ホーム  >  契約の解除 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  契約の解除

読み方:けいやくのかいじょ

解説

民法上は、 売買贈与契約等の一時的 契約と、 賃貸借、雇用、委任等のように一定期間継続する契約との両方について「契約の解除」という用語を用いているが、講学上は、売買契約等、いったん成立した契約を一方の 意思表示によって、当初にさかのぼって解消させることをいう。

契約の解除は、契約締結の際、一定の事由があるときは解除を認めるという合意をしておいた場合(約定解除権)か、履行遅滞( 民法541条)、履行不能(同法543条)等、法定の事由がある場合(法定解除権)でなければ、これをすることができない。 解約手付買戻しの特約があるときも解除権の留保があったものとされる。

契約の解除は相手方に対する意思表示でなされるが、履行遅滞の場合にはその前に催告を要する(同法541条)。

当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負い(同法545条1項)、もし損害があれば損害賠償も請求できる(同法545条3項)。

なお、賃貸借、雇用、委任等の継続的契約の解除については、将来に向かってのみその効力を生ずるものとされている(同法620条、630条、652条)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ