ホーム  >  空中権 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  空中権

読み方:くうちゅうけん

解説

(1)空間の上下の範囲(層)を定めて、工作物所有の目的に供する 地上権をいい「 区分地上権」として法制化されている。

(2)または、 容積率に余裕がある 土地の未利用容積率を他の土地へと移転する権利のことをいう。

(1)「区分地上権」は例えば、地上空間に電線を架設したりするような場合に利用される。普通の地上権とは、土地利用の範囲を異にするだけで法的性質は同一である。

(2)未利用容積率を移転する権利は、米国ではTDR(Transferable Development Right:移転可能な開発権)として法制化されていたが、従来わが国ではこれに対応する制度がなかった。しかし近年、わが国でも未利用容積率を他の土地へ移転するための2つの制度が相次いで導入された。「 連坦建築物設計制度建築基準法86条2項)」と「 特例容積率適用地区(建築基準法57条の2)」である。 連坦建築物設計制度は1999年に施行された制度であり、既存の 建築物の未利用容積率を隣接地へと移転できる(未利用容積率が隣接地の容積率に上乗せされる)というものである。特例容積率適用地区は2001年に施行された制度であり、街区(道路で四方を囲まれた建築物の 敷地の集まり)を超えて、既存の建築物の未利用容積率を、開発予定敷地へと移転できるというものである。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ