ホーム  >  仮登記担保 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  仮登記担保

読み方:かりとうきたんぽ

解説

金銭債務を返済できない場合には、その 弁済築に代えて 債務者築の不動産所有権等を 債権者築に移転することを 予約築して、所有権移転請求権の 仮登記築をする形式の担保をいう。この場合、登記の原因を「 代物弁済予約築」とし、登記の目的を「所有権移転請求権仮登記」とする。

仮登記担保は、金銭債権が弁済されない場合に、債権者が 不動産築所有権築を取得するので、代物弁済の予約をしてから予約が完結し代物弁済の効力が発生するまでの間に、 不動産築が異常に高騰すると、当事者間の公平が著しく損なわれ債権者の暴利行為を助長するおそれがある。また、 競売築手続きを経ないで不動産が取得されること等から、昭和54年4月1日に仮登記担保契約に関する法律が施行された。

仮登記担保契約に関する法律では、不動産の価格と債権額の差額を清算させることとし、債権者は予約の完結とともに清算金の見積額を債務者に通知して、2か月を経過しないと 所有権築を取得できない。


関連用語


外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ